【ミシン初心者さんへ】種類や選び方・2019年おすすめミシン紹介

こんにちは。ハンドメイド大好き きみーです。

 

ハンドメイドやお裁縫ってとっても楽しいんですが、手縫いって結構疲れますよね~

 

手縫いじゃなきゃ無理な場合もあるし、手縫いの良さもいっぱいある。

 

でも、やっぱり時間も掛かるし、大きな物を作るときは手縫いって大変。

 

そして、その度思うのです。

 

ミシンがあったら早いんだろうなぁ~(´Д`)

 

縫い目もまっすぐ綺麗で、短時間でちゃっと作りたいものが完成~♪って夢のよう☆

 

休みや空いた時間を使って何日も掛けてやっと完成なんてないんだろうな~って

 

それはそれで楽しんですけどね~♪

 

でも、やっぱりミシンは欲しい!!(☆∀☆)

 

だけど、ミシンっていっぱい種類があるし、値段もピンキリな感じだし、それに見た目もお洒落だったり可愛かったりするのが良い!どれを選べば正解?

 

ミシン選びって難しいですよね((((;゚Д゚))))

 

今回はそんな私の悩んだ実体験から、ミシンの種類や選び方、実際に私が購入したミシンについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


ミシン初心者さんが知っておくべき【ミシンの種類】

ミシンってネットで調べてみるといっぱい出てきて段々訳が分からなくなるんですよね。。。

 

結局どれが良いの?って(笑)

 

まずはミシンにはどんな種類があるのかざっくり説明しま~す♪

 

家庭用ミシン(初心者さんはこの中から選ぶのが良い)3つの種類に分かれます。

  • 電動ミシン・・・昔ながらのミシン。針の停止位置が都度異なる。針の速さとパワーが比例する。安価なも物が多い。
  • 電子ミシン・・・針の停止位置は必ず上で停止。スピード調整可能で、ゆっくりでも厚い生地を縫うことができる。家庭用ミシンでは機能・価格共にバランスの良いミシンで、初心者にも扱いやすい。
  • コンピューターミシン・・・ボタン操作でさまざまな操作が可能。針の停止位置は上下で設定可能。複雑な刺繍や文字刺繍などが可能。家庭用ミシンの中では一番高価。

職業用ミシン直線専用ミシン・・・パワー、スピードがあって、とっても綺麗に直線が縫える

ロックミシン布の端がほつれないようする「かがり縫い」がメインのミシン。

伸縮性のあるニット素材の縫い合わせができる。

工業用ミシンそれぞれの分野に特化した専用ミシンがある

  • 直線専用ミシン
  • ボタンホール専用ミシン
  • 刺繍専用ミシン などなど

ミシンの種類はこんな感じに分かれてます。

 

細かく違いを書き出すともっとありますが、初めてミシンを検討するよって人には、まずは大まかな違いをざっくり把握することをオススメします。

 

ここで細かく把握しても機種によっても付いてる機能も違えば値段も幅が広いので、まずはこんな種類があるんだぁ~から入りましょう☆

 

そして初心者の方は、色んな事が1つのミシンで行えちゃう家庭用ミシンから探してみましょう♪

 

お洋服を作るなど本格的に洋裁をされる方は、職業用ミシンやロックミシンなど複数ミシンを持っていらっしゃる方も多いです。

 

私の母も学生時代服飾の専攻だったこともあり、ロックミシンが家にありました。

 

ミシン自体は結構昔に購入しているので電動ミシンでしたが、今思うと贅沢ですね!

 

ロックミシン私は一度も使ったことないのが勿体ない(笑)(。-∀-)

 

もっと教えてもらっておくんだった!

 

ミシンについてる機能って?【みるポイントと選び方】

では次にミシンって値段がいろいろですが、どんな機能がついてるの?という疑問について紹介していこうと思います。

あると嬉しいミシンの機能と仕様など

  • フットコントローラー:足元で縫う動作を起動させます。踏んでいると作動し、離すとストップ。スピード調整機能がないミシンはフットコントローラーの踏み加減でスピードが調整できます。慣れると両手が使えるのでとても楽です。標準でついていない機種は、オプションで取り付けが可能か確認しておくことをオススメします。
  • ハードケース:ミシンをすっぽり覆うケース。頻繁に使わないという方はケースがあると便利。細かい部分にホコリとか溜まると面倒なので;
  • フリーアーム:服の袖や袋状になった物を縫う場合に便利です。
  • 手元ライト:針のある場所はどうしても暗くなりがちです。ライトがあると目の負担も軽減します。
  • 糸通し機能:自動の物から楽に通しやすくなっている物まで、メーカー・機種各々で便利な機能があります。ミシン自体に機能がなくても糸通し器などのアイテムも売っていたりします。
  • 糸切り:ボタン1つで縫い終わりの糸をカットしてくれます。
  • スピード調節:縫うスピードを決める事ができる機能です。
  • 下糸簡単セット機能:ボビンにセットされた下糸を縫える状態に簡単にセットできる機能です。
  • 下糸巻き機能:ボビンに簡単に糸を巻く機能。
  • 針停止位置設定:コンピューターミシンでは停止時の針の位置を上か下で選べる機能があります。
  • 自動糸調子:生地に合わせて、上糸と下糸の調子(張り)を合わせてくれる機能です。
  • 押え圧調節生地の厚みに合わせて抑えの圧力を調整できる機能です。
  • 手縫い風ステッチ:まるで手縫いのような見た目の縫いあがりにしてくれる機能です。
  • 刺繍・文字縫い:刺繍や文字などを縫える機能です。
  • エラーメッセージ:コンピューターミシンの場合、間違った操作や不具合が出た際にエラーメッセージでお知らせしてくれます。
  • 操作ガイド:コンピューターミシンなど液晶画面のある物では、操作方法や縫い方のガイドを表示してくれる機種もあります。
  • 静音設計:作動音が静かな設計のミシンです。

 

ミシンの代表的な機能や付属品などはこのくらいでしょうか。

 

こちらも書き出すときりがなく、メーカーや機種にもより様々です。

 

でも、上の機能などを順番に見ていくと全部ほしくなりませんか?

 

特に初心者で初めてミシンを購入するぞ!ってなればなるほどに、自動○○的な機能って自分の腕に自信が持てないから欲しくなっちゃいますよね(;´Д`A

 

私も同じです。気持ち凄く分かります(>人<;)

 

でも、それ言い出すと結局高機能な高価なミシンになっちゃうんですよね。。。

 

もちろん参考にしてほしくてこの記事を書いているので、同じ値段で機能が付いてる機種、付いてない機種があれば付いている方が良いと思います。

 

では、○○機能がある機種だと値段が上がっちゃうってなった場合、どうしよう?って話ですよね。

 

個人的な意見としては、「フットコントローラー」と「自動糸調子」、「押さえ圧調節」を優先順位高めに選ばれたら良いかと思います。

 

フットコントローラーはやはり両手が空くので、慣れてきてからとても重宝します。

 

自動糸調子は、メーカーや機種により精度は様々で、縫う生地によっても必ずしも上手く自動で調整してくれるという訳ではないですが、それでもミシン初心者さんにはあると心強い機能だと思います。

 

押さえ圧調節は、作る物にもよりますし絶対必要まではいきませんが、厚みのある物を縫う際には活躍しますのであると良いと思います。

 

他「糸切りとかあると便利~♪」とか思っちゃいますが、自分で切ればいいだけなので優先順位は低めで良いと思います。

 

逆にお子さんの入園グッズ用に名前を入れたいから文字縫いをしたいという場合は、機能が付いていないと自分で刺繍するか毎度アップリケなどを購入して縫い付けるとなってしまうので、その負担は大きいですよね。

 

このように自分のちょっとの手間で何とかなるものと、付いてないと縫いたい物が縫えないとか大変な労力やストレスになるということを考えながら機能の優先順位をつけると選びやすいと思います。

 

【ミシンのサイズと重さも重要】どこで、どれだけ、どんな事に使いますか?

ミシンの選び方を尋ねた場合、まず聞かれるのが使用目的ではないでしょうか?

 

使用目的でどんな機能が必要かどこまで本格的に使うのかが決まってくるので、使用目的は大切です。

 

そして、もう1つポイントとしておさえてほしい事が、どこで、どれだけ使うです☆

 

どこで?ミシンを部屋の「どこで」使いますか? 「どこへ」仕舞いますか?

Q:大きなフルサイズのミシンを置く余裕はありますか?

Q:「ミシンを使う場所」と「使わない時の置き場所」は同じですか?

Q:都度どこかに仕舞いますか?

 

~~↓~~↓~~↓~~↓~~↓~~↓~~↓~~↓~~↓~~↓

 

ミシンにもサイズがあります。

コンパクトミシンと呼ばれる一回り小さなミシンとフルサイズと呼ばれる大きなミシン。

あなたがミシンを使う作業スペースを考えてみましょう。

また、都度どこかに仕舞うという場合は、仕舞う場所のスペースも考えたいですね。

そして、都度仕舞う場合は持って移動させるということ。

ミシンの重さも確認してみましょう。

どれだけ?ミシンの使用頻度は「どれくらい」ですか?

Q:週に何度も使用しますか?

Q:一度使ったら数か月使わないなどありますか?

 

~~↓~~↓~~↓~~↓~~↓~~↓~~↓~~↓~~↓~~↓

 

お裁縫が趣味で頻繁に使用したいと思っている場合で、「都度仕舞うよ」って人は結構面倒ですよね。持ち運びがストレスにならないという視点からも考えてみましょう。

重さや持ち運び用の取っ手が付いているかなど確認してみると良いでしょう。

また、一度使ったら数か月仕舞いっぱなしの可能性がある場合は、ハードケースや収納ケース・袋などが付いているとホコリがミシンに直接かぶらず良いですね。

特にコンピューターミシンなどは精密機器なので綺麗に保ちたいものです。

ケースなどが無い場合でも、ミシンの最初の試し縫いも兼ねて、ミシンを覆えるような物を作ってみても良いかもしれません。

如何でしょうか?

 

重さって意外と確認が漏れがちで、都度仕舞う予定の人にとっては結構厄介です。

 

ミシンの出し入れが不便だったり、面倒だったりするとそれだけでミシンを出すのが億劫になって、せっかく購入したミシンの使用頻度がどんどん減って、使わないから腕も上達せず、さらに使用頻度が減るという悪循環に。。。

 

安い買い物ではないので、予算内で機能など妥協せずこれぞ!というミシンを選びたい!

 

だからこそ「重さ」「大きさ」も購入検討の初期段階からしっかり確認してみて下さいね(*゚▽゚)ノ

 

 

【ミシン押さえ金の種類】知らなかった!ファスナー用の押さえ金!?

私、実はミシンを検討しだした初めのころ、ミシンの押さえ金に種類があるって知りませんでした(;´∀`)

 

「押さえ金」は布を縫う際に、布を押さる金具部分です。

 

あれって結構いろんな種類があるって知ってましたか?(*゚▽゚)ノ

 

普通に直線縫いとかする用の基本の押さえから、ボタンホールを作る用の押さえまで、幅広い種類があるんです。

 

私の場合はミシンをよく使用している会社の同僚にミシンの相談をしている時に知りました。

 

その時2つのミシンでどうしようか悩んでいた私。

 

同僚から「ファスナーとか使うならファスナー用の押さえがいるけど、押さえ付いてる?替えられる?」ってことばが。

 

えっ!!?( ゚Д゚)?

 

押さえ?|゚Д゚))) 

 

ファスナー用!?((((;゚Д゚))))

 

何それ!??(꒪ꇴ꒪ (꒪ꇴ꒪ (꒪ꇴ꒪ ;)エエエッ?

 

今思うとホントに何も知らずに探してたなって思います。。。

 

因みにファスナー用の押さえ金はこんな違いがあります。

 

写真手前が「ファスナー用の押さえ金」で、奥のが「普通の押さえ金」

普通の押さえ金だと、ファスナーの際を縫おうと思っても押さえ金が邪魔して縫う事ができません。

 

ファスナー用の押さえ金は片側の幅が短かっかたりするので、ファスナーのすぐ横を縫う事が可能なんです。

 

これは分かりやすい1例ですが、他に縫い方や生地に適した押さえ金がたくさんあります。

 

例えばこんなのがあります。

  • 基本押え
  • 裁ち目かがり押え
  • ボタンホール押え
  • サテン押え
  • ボタン付け押え
  • ファスナー押え
  • コンシール®ファスナー押え
  • 三つ巻き押え

これでも一部で、メーカーにもよって色々です。

 

私は結局その発言から色々見直して、2つの内の1つに決定した感じです(。-∀-)

 

押さえ金は最初からいくつか附属している場合もあれば、無くても後から買い足せば良いですが、あまりに安いミシンだったり機種によっては押さえ金が替えられない場合もあるので、事前に確認して納得した上で購入しましょう。

 

2019年おすすめミシンは!?

私の独断と偏見入りまくりの2019年のおすすめミシンを紹介したいと思います。

 

まずはこちら↓↓↓

【Disney】ディズニー 絵文字も縫えるコンピューターミシン

初心者に嬉しいコンピューターミシンで、ディズニーモチーフも刺繍できちゃうミシン。

文字縫いも出来るので、お子さんの入園アイテム作りにはもってこい♬(ノ゜∇゜)ノ♩♪

「ロックカッター」も附属されているので、ロックミシンのように生地を裁ちながら縁かがりができる嬉しい仕様☆

 

続いてはこちら↓↓↓

ブラザーコンピューターミシン PS202/PS203/PS205

ブラザーのコンピューターミシンなのにこのお値段!(*´д`*)

コンピューターミシンの標準的な機能搭載のコンパクトミシン。

レビューの多さと評価の高さも◎

 

続いてはこちら↓↓↓

ジャノメ ミシン 本体 初心者 電動ミシン JN508DX-2B 

電動ミシンですが、シックな黒いミシンが印象的(☆∀☆)

コンピューターミシンと違い機能も構造もシンプルという意味でオススメです。

ボタンがいっぱいだと逆に苦手という方にも良いですよ♪

 

そして、私が購入したのはこちら↓↓↓

ジャノメ 電動ミシン 野木陽子ソーイングマシン YN-507

実は電動ミシンを購入しました(灬º 艸º灬)

私は機能や値段も大切なポイントですが、それ以上に見た目に対する優先順位が高く、このレトロなかわいい見た目が気に入りました。

見た目可愛いのにミシンの有名メーカーの1つ「ジャノメ」であることも安心できた要素☆

ファスナー用の押さえ金など複数押さえ金が附属されているなど踏まえこちらを購入しました。

まだまだ購入してからは年月は短いですが、この可愛い見た目にテンション上げつつ快適に使えてますよ☆.。.:*(嬉´Д`嬉).。.:*☆

 

そして最後に私が検討した際のもう1つのミシン↓↓↓

ベルメゾン ミシン  ベルメゾン アンティーク風ミシン

これも見た目一目惚れで最後まで悩んだ1つ(·∀·)

私の場合はミシンを都度仕舞うということもあり、重さを懸念してジャノメのミシンにしちゃいましたが、置きっぱなしにできるスペースがあるなら、これに合うアンティークな作業テーブルとセットで置きたいミシンですね☆

 

如何でしょうか?

 

気になるミシンはありましたか?

 

初心者だった私が電動ミシンを購入したように、どのポイントに重きを置くかは人それぞれですが、それでもあなたにとって買って良かったと思えるミシンに出会えますように(*´∀`)

 

ミシンをレンタルしてみる方法も☆便利な家電のレンタルサービス

色々と選び方やおすすめミシンを紹介してきましたが、それでも悩んで踏ん切りつかないというあなたにおすすめするのが「家電などのレンタルサービス」です。

 

その中にはミシンもあったりするので、まずはレンタルしてミシンを触ってみるというのも良いと思います。

 

■ReReレンタル

ミシンの種類も豊富でリクエスト受付も行っているので、のぞいてみる価値アリですよ。



スポンサーリンク


 

■DMMいろいろレンタル

ミシンの種類は少ないですが、お値段も安くまずは家でゆっくりミシンを触ってみたいという方におすすめ。

DMMいろいろレンタル HP

 

ミシンのレンタル以外にも家電や洋服、レジャーグッズなども扱っているので、入学シーズンや結婚式など年に数えるほどしか使用しない物をレンタルで賢く使ってみるのはいかがでしょうか?

 

まとめ

ミシンの種類から選び方までを紹介してきました。

 

新たな発見はありましたか?

 

以下まとめです。

ミシンの種類

  • 家庭用ミシン(電動ミシン・電子ミシン・コンピューターミシン)
  • 職業用ミシン
  • ロックミシン
  • 工業用ミシン

初心者さんは家庭用ミシンから選んでみましょう。

 

選び方のポイント

  • 後付けできない絶対欲しい機能の優先順位をつける
  • どこで作業するか、都度仕舞う場合は置き場所のスペースを確認
  • 都度仕舞う場合は、重さの確認
  • 頻繁に使用しない場合は、ケースがあると良い
  • 押さえ金が替えられるか確認

 

あなたにピッタリなミシンが見つかりますように♪

 

では、また~(*゚▽゚)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました